第4回手芸祭アンケート結果

アンケート結果の簡単なまとめと一部のご意見に対する返答です。
詳細な結果はこちらでご確認ください。

テーマについて


●投稿者視点
「幅広く、漠然としすぎないテーマだったので発想しやすかった」という声が多数。
「キャラクター」という指定もなかったため、作りやすいテーマだったかと思われます。

●視聴者視点
「題材が偏っていた気がした」という声がいくつかありました。
同じ題材でも作者が違えば完成形は変わりますので、その点を楽しんでいただけたらと思います。
多種多様な表現技法に刺激を受けた方もおられたようです。(グラスリッツェン、切り絵、バルーン等)



一部の出品作の動画構成・テーマのとらえ方に対するご意見がありましたが、
それぞれ動画の作り方やテーマのとらえ方は様々ですし、それに対する感じ方も様々だと思います。
実行委員会としては、その感じ方の違いも含めて手芸祭を楽しんでいただけたらと思います。

しかし、多数の方が少し違和感を覚える作品が存在したというのも事実です。
作者さん側としても、今後の参考にしていただけたら幸いです。

第5回手芸祭のテーマについて(仮テーマ:ゲーム/アニメキャラ)


・テーマ名から「キャラ」の部分を削除しては?
・著作権関係は大丈夫?
という意見あり。

これらの意見を受けて、次回手芸祭のテーマは「サブカル関連」とします。

参考>ニコニコ大百科【サブカルチャー】



  • サブカルチャーの定義を考えると難しい
  • テーマが漠然としている

上記のようなご意見もあるかとは思います。
実行委員会としては、仮テーマ「ゲーム/アニメ」を含む日本のオタク文化をイメージしていますが、
いつも通り、作者さんがテーマに沿っていると思えばそれでかまいません。
好きなサブカルチャーの世界を手芸で表現してください。

なお、自分の作ろうとしているものがテーマに沿っているかという質問には、実行委員会はお答えできません。

かなり漠然としていて、かつ普段からよく見かけるテーマだからこそ、
発想のしやすさ・参加のしやすさを感じてもらえたら嬉しいです。
言ってみればなんでもあり状態です。(毎回そうですが)
より多くの方にご参加いただき、手芸部員が増えればいいなと考えています。



  • 言葉を濁しただけで著作権という点では根本的な解決が図れていない。

というご意見もあると思いますが、
既に「ゲーム/アニメキャラ(仮)」というテーマに合わせて制作を始めていらっしゃる方も
おられると思いますので、あえて方向性は変えていません。
ご理解いただけると幸いです。

ご意見ありがとうございました。

第6回手芸祭の仮テーマ


水族館(or すいぞくかん)」に決定しました。
今後テーマ名を若干修正する可能性はありますが、方向性の変更はありません。
2013年1月6日(日)~27日(日)開催予定です。

実行委員会に対するご意見へのお返事


「作ったもので動画を作る」のも有りにしてほしい。そういう動画も見たい。


ご意見ありがとうございます。
今後検討します。

終わりに


いつも手芸祭運営にご協力いただきありがとうございます。
回を増すごとに、おかげさまで少しずつではありますが知名度も上がり、
参加者や技法の幅も広がってきて、とても嬉しく感じております。

一方で、参加動画に対して、少々批判的なコメントが増えてきているようにも感じます。
参加動画は褒めちぎれと言っているわけではありません。
「これはこうした方がいいんじゃないかな」というご意見もあっていいと思います。
ですが、コメントは相手の顔が見えません。
だからこそ言い方ひとつで印象が変わります。
細かい部分ではありますが、お心遣いをお願いします。

また、前回のアンケートまとめでも書かせていただいたことではありますが、
手芸祭はゆるいお祭りです。
「みんなで手芸を楽しみたい」という気持ちから始まったものです。
投稿者・視聴者ともに難しく考えず手芸そのものを楽しんでもらえると嬉しいです。
どうか今後も、みんながニコニコできるお祭り作りにご協力をお願いします。



貴重なご意見ありがとうございました。
また、激励のお言葉ありがとうございます。励みになります。
これからも手芸祭をよろしくお願いします。

  • 最終更新:2012-07-23 23:16:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード